# ソースの行の区切りにセミコロンが必要

# JavaScript

o 必要。 ただし改行で自動で ; が差し込まれる

  • ASI (Automatic Semicolon Insersion) という
  • ASI があるため、変なところで改行するとハマる
// セミコロンの自動挿入によって、書いた人の想定と違うかもしれない動きをする例
function func01()
{
  return  // たとえばここで改行すると、戻り値は undefined
      (a + b) * c
    + (d + e) * f
    ;
}

# PowerShell

x 不要。1行にまとめたければつける

# Python

x 不要

# Ruby

x 不要

# Swift

x 不要。1行にまとめたければつける

# TypeScript

o 必要。 ただし改行で自動で ; が差し込まれる

[ 📩 ご意見 ]