# 関数. 3. 名前つき引数. 定義

# Python

def func01(a, b): # 同じ
  return a + b

# Swift

func func01(a: Int, b: Int) -> Int { // デフォルトがこれ
  return a + b;
}

別名をつけることもできる

func func01(left a: Int, right b: Int) -> Int {
  return a + b;
}

# TypeScript

function func01(p: { a: number, b: number }) {
  return p.a + p.b; // 世の中の一般は知らないが、便宜上 このように書いてる
}

[ 📩 ご意見 ]