# 手順 1. S3 に静的コンテンツ配置

# S3バケット新規作成

項目 設定値
バケット名 ドメイン名と同じにしておく。 例:sugoidomain.com
リージョン アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1
それ以外 いったんデフォルト

# アクセス許可の設定

静的サイトを公開するわけなので、置いたもの全てを誰でも見れるように設定する。

  • 設定値
項目 設定値
ブロックパブリックアクセス すべてオフ (=すべて公開)
バケットポリシー 編集する > ポリシージェネレータ(下記)で生成 > 貼る
  • ポリシージェネレータの設定値
項目 設定値
Type of Policy S3 Bucket Policy
Effect Allow
Principal *
AWS Service Amazon S3
Actions GetObject
Amazon Resource Name (ARN) arn:aws:s3:::<バケット名>/*
  • 出力される 設定値
    • (これだけ編集して貼っても良さそう)
    • (Versionに入る日付はいつ出力しても 2012-10-17 固定のもよう)
{
  "Id": "Policy1613296068163",
  "Version": "2012-10-17",
  "Statement": [
    {
      "Sid": "Stmt1613296055405",
      "Action": [
        "s3:GetObject"
      ],
      "Effect": "Allow",
      "Resource": "arn:aws:s3:::<バケット名>/*",
      "Principal": "*"
    }
  ]
}

# ファイル配置

  1. ファイルを用意
    • a.html
      hello :)
  2. オブジェクト > アップロード > ファイルを追加
  3. ファイルが追加されるので ファイル名 (a.html) をクリック
  4. [オブジェクト URL] 欄のURLで、公開されてることを確認
    • こんな感じのURLになっているはず
      • https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/<バケット名>/a.html

[ 📩 ご意見 ]