# 手順 2. Route 53 で ドメイン取得

# ドメインの登録 (新規の場合)

# ドメイン登録方法

  • ドメインの登録 > [取りたいドメイン名を入力] > [チェック]
  • 画面に従って、名前等、必要な項目を入れる
  • 数日待つ (と書いてあったけど数時間で登録された)

# ホストゾーン登録

  • 上記で自動的に作られた気がしてたが、移管の場合は手動?

ホストゾーンの作成

項目
<ドメイン名> [取ったドメイン名] or [サブドメイン名]

# この時点での「ホストゾーン」設定

この時点では「ホストゾーン」の設定には (1) の NS, SOA の項目のみのはず。

レコード名 タイプ 登録されたタイミング
<ドメイン名> A (3) CloudFront 登録後に設定する
<ドメイン名> NS (1) Route 53 登録時 ← ★ これが作成された
<ドメイン名> SOA (1) Route 53 登録時 ← ★ これが作成された
<ハッシュ値のようなもの>.<ドメイン名> CNAME (2) Certificate Manager 登録時

# ドメインの登録 (既存ドメインからの移管の場合)

# 1. ドメインの選択

  • ドメインの登録 > [既存ドメインの移管] > [取りたいドメイン名を入力] > [チェック]

# 2. ドメインの登録 + 転出 (この辺、順番どうするのが正しいのか不明)

Route 53 にドメインを移管するには、次のことを確認してください。
ドメインのドメインプライバシーを無効にし、当社がお客様の連絡先情報を取得できるようにします。
WHOIS にあるドメイン登録者の E メールが有効で、到達可能であることを確認します。
ドメインの認証コードを取得します (特定の TLD では必要ありません)。

  • 移転元に問い合わせ → nifty のドメイン登録サービスを使っていたので、nifty に問い合わせて下記2点確認
    • 申請フォーム → メールでくれたので返信
    • AuthCode をもらう

ネームサーバーのオプション
● 続行して、現在のレジストラまたは DNS サービスから提供されたネームサーバーを使用します。
○ ドメインと同じ名前の Route 53 ホストゾーンからネームサーバーをインポートする
○ 現在のレジストラのネームサーバーを置き換える新しいネームサーバーを指定する (推奨しません)

  • これはデフォルトのまま次へ

認証コードとネームサーバー
ドメインの認証コードを入力し、ネームサーバーのオプションを選択します。現在のドメインレジストラから、各ドメインの認証コードを取得できます。

  • 移転元からもらった認証コードを入力

あとは、新規登録時と同じ。
このまま登録すると、JPRS からいくつか確認メールが届く。

# 3. ネームサーバの書き換え

現在のドメインのプロパティは、こんな感じになってるはずで、

項目 表示
移管のロック 有効 (無効化)
ドメイン名のステータスコード clientTransferProhibited
transferPeriod
ok
ネームサーバ <転出元のネームサーバ1>
<転出元のネームサーバ2>
  • 「ネームサーバ」欄を Route 53 設定画面の NS レコードに記載されたレコードに書き換える
  • 「移管のロック」は、移管されたあとなら どっちでもいいので「有効」の隣にある「無効化」リンクで無効化
  • どちらも、数分程度で完了メールが来る

作業後はこうなってるはず。

項目 x
移管のロック 有効
ドメイン名のステータスコード clientTransferProhibited
transferPeriod
ok
ネームサーバ ns-XXXX.awsdns-XX.co.uk
ns-XXXX.awsdns-XX.com
ns-XXXX.awsdns-XX.net
ns-XXXX.awsdns-XX.org

# 登録の確認

AWS の画面の外で確認したい。
コマンドで確認する場合は whois コマンドで。

whois sugoidomain.com

# S3 に紐付ける (https 対応する場合は A エントリ登録し直すので、ここは飛ばす)

# S3 に紐付け設定 (= A レコード追加)

  • A レコード追加
  • s3 のアドレスを登録

みたいな感じだったと思う。

# この時点での「ホストゾーン」設定

この時点では「ホストゾーン」の設定には (1) の NS, SOA の項目のみのはず。

レコード名 タイプ 登録されたタイミング
<ドメイン名> A (3) CloudFront 登録後に設定する
<ドメイン名> NS (1) Route 53 登録時 ← ★ これが作成された
<ドメイン名> SOA (1) Route 53 登録時 ← ★ これが作成された
<ハッシュ値のようなもの>.<ドメイン名> CNAME (2) Certificate Manager 登録時

# サブドメインの追加

  • S3 で sub1.sugoidomain を作ったとして
  • A レコードを追加するときにサブドメイン (sub1) を指定して、紐付ける

[ 📩 ご意見 ]